楽天225ダブルブルのデイトレ手法と一日1000円CFDデイトレの比較

楽天225ダブルブルのデイトレ手法と一日1000円CFDデイトレの比較

楽天225ダブルブルのデイトレが人気のようです。日経平均株価の2倍の値動きをするETFで1口単位15000円程度で取引可能、さらに楽天証券などで取引手数料も無料だからです。

でも、楽天225ダブルブルって原指標は日経平均先物ですよね。それなら、日経225CFDの方がもっと簡単に資金効率が良く取引できるのでおすすめです。寄付き直前や大引け直後などCFDだからこそ取引できる株式取引時間外の値動きの激しい時間帯を狙えば少額の資金で1日1000円コツコツ稼ぐことができます。

この記事では楽天225ダブルブルのデイトレ手法とを日経225CFDの一日1000円デイトレ手法を実際に取引して比較します。

楽天225ダブルブルとは

そもそも楽天225ダブルブルとは通称で、正式名称は楽天ETF‐日経レバレッジ指数連動型です。

ETFというのは、上場している投資信託のことで、証券取引時間内に価格変動、売買できるので株式のように取引できるのが特徴です。

コイケ

個別銘柄の場合悪材料で連日ストップ安、最悪上場廃止で0円になるなどのリスクがありますが、この銘柄は日経平均株価に連動する商品なのでそのような心配はありません。個別銘柄に比べても値動きの幅が広く、正にデイトレ向きと言えます。

楽天225ダブルブルのデイトレ手法

寄付き・大引けの時間帯を狙う

楽天225ダブルブルはSBI証券でも手数料無料でした。早速やってみます。狙うは取引の活発な寄付きです。

とにかく寄付いてまもなくの間は値動きが上下激しくなるので狙い目なのです。ちなみに以下は日経平均CFDのチャートです、2倍の値動きをする楽天225ダブルブルの値動きとは若干異なるのですが、方向としてはほぼ似たような値動きをするので参考までに載せています。

デイトレ一日1000円

短期移動平均線とローソク足に着目する

デイトレ手法は色々ありますが、移動平均線とローソク足を用いてやる方法がおすすめです。

移動平均線のなかでも、短期移動平均線に着目します。このチャートでは水色の線です。基本移動平均線を上回れば買い、下回れば売りのシグナルではあるのですが寄付きは取引が集中し上下激しく、方向は定まらない値動きとなることが多いです。

というわけで、移動平均線から大きく下に乖離して1分ローソク足の大陽線(赤く長い線)が出たら買い、というスタイルでエントリーします。このチャートでいえば買いエントリーは9:20頃です。

とりあえず1単位購入。本当に手数料が無料です。

原資が15,000円程度なので、2倍の値動きとは言え、少し値上がりしたところで利益はこの程度です。

楽天225ダブルブルデイトレ

このくらいで決済しても良いのですがもう少し温めてみました(デイトレじゃないですね…)

大引けでも利益は70円程度だったので、翌日に持ち越すことにしました(それスイングトレードですね…)

楽天225ダブルブル

翌日は寄り天となり、高く寄ったところで決済しました。デイトレ手法といいながらスイングトレードになってしまいましたが…エントリータイミングとしては間違っていなかったということでご了承ください。

一日1000円CFDデイトレとは?

楽天225ダブルブルのデイトレ手法、いかがだったでしょうか。デイトレじゃなくてスイングトレードじゃん!というツッコミはさておき…15,000円程度の原資に対し、232円の利益ならば上出来なのかもしれないですが少々物足りない感じもしますよね。

特に気になる個別銘柄などがなく、日経平均で勝負するのであれば資金効率が良く取引時間も長いCFDデイトレをおすすめします。

一日1000円CFDデイトレ手法①

エントリータイミングは楽天225ダブルブルの時と同じです。短期移動平均線から大きく下に乖離してローソク足が大陽線になったら買います。

でもこの日はなんかズルズル下げそうな気配もしますね、そんなときは無理しなくても良いのですが、少額でもいいので利益を狙ってエントリーしてみました。

資金は26,243円で1枚です。こちらはレバレッジがかかっているので、1円上がると10円の利益となります。

その後株価が下げトレンドから上げトレンドへ転換し、前場が終了しました。

日経平均としては120円程度の値上がりなのですが利益は1,250円となりました。というわけで逆指値を設定しつつこのまま温めてみました(だからデイトレじゃないじゃん…)

CFD取引の良いところは、取引時間が長いので今回のようにもう少し上昇が見込めそうな場合、逆指値を設定してほったらかしておけば利益をのばすことができます。

株取引の場合は逆指値を設定しても、夜間に暴落して翌朝大幅GDとなると想定外の含み損を抱えることになりますが、CFDは夜間も取引できるので暴落時も対応できるのが魅力です。

一日1000円CFDデイトレ手法②

他には、株式市場取引開始前の乱高下の激しい時間帯を狙う、という方法もあります。

絶対ではないのですが、夜間取引終了(朝6:00)後、上のチャートのように8:30の時点で窓をあけて寄り付いた場合、株式市場取引開始時間に一旦元に戻ろうとすることが多いです。

こちらは逆パターンですが、先ほどと同じように、6:00の時点と8:30の時点で価格差があいてますよね。この株式市場開始前に仕掛けられるのもCFDならではの魅力です。

ただ、価格差が大きい(ギャップがある)ということは、それだけ買い圧力もしくは売り圧力が大きいということでもあります。一旦元に戻って窓を閉めた後にまた逆方向へ(8:30時点の方向へ)動くことも多いので油断は禁物です。

正直、デイトレは運の要素が強いので、スイングトレードや長期トレード推奨派ではあるのですが、このギャップアップ、ギャップダウンのある取引開始時間前だけを狙ったデイトレは勝率が良いのでおすすめです。

まとめ

というわけで楽天225ダブルブルのデイトレをするくらいなら、一日1000円CFDデイトレをおすすめします。少ない資金で効率よく取引ができるうえ、取引時間も長く、チャンスタイムが多いからです。ただ、レバレッジがかかっている分リスク管理には注意が必要なので、気になったらこちらの記事も読んでみてください。

CFD取引とは何かわかりやすく解説CFDやめとけ CFD取引とは何かわかりやすく解説【やめとけと言われる理由も】