FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)の運用実績を公開

folio robo pro(フォリオロボプロ)運用実績を公開

私はロボアドバイザーFOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)を2020年10月末から運用しているのですが、運用実績が結構良く、順調に資産が増えています!というわけで運用実績の詳細を公開したいと思います。

FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)の運用実績

folio robo pro運用実績2021年10月

元本 評価額 評価額-元本
2020年10月末 ¥100,000 ¥97,522 −¥2,478
2020年11月末 ¥100,000 ¥98,424 −¥1,576
2020年12月末 ¥100,000 ¥101,377 ¥1,377
2021年1月末 ¥100,000 ¥103,871 ¥3,871
2021年2月末 ¥100,000 ¥105,582 ¥5,582
2021年3月末 ¥120,000 ¥129,955 ¥9,955
2021年4月末 ¥140,000 ¥154,502 ¥14,502
2021年5月末 ¥180,000 ¥199,664 ¥19,664
2021年6月末 ¥220,000 ¥237,265 ¥17,265
2021年7月末 ¥220,000 ¥237,578 ¥17,578
2021年8月末 ¥220,000 ¥239,072 ¥19,072
2021年9月末 ¥220,000 ¥234,437 ¥14,437

2020年10月23日に10万円入金してスタートし、2021年3月以降は、評価額が2日連続で下がった日などに追加で入金しています。下記に記載したのですが、下がった時に追加入金作戦を実行しています。

大きな下落もなく順調に増えているのがおわかりいただけると思います。

【追記】米国株は2021年5月頃から横ばい、2021年7月は日本株・中国株が大きく値下がりしましたが、そこまで影響を受けなかったようです。ただ、6月の株価の高い時に追加入金してしまったのでパフォーマンスが悪化しています、次はちゃんと暴落を待って追加入金しようと思っています。

FOLIO ROBO PROの詳細を見る

FOLIO ROBO PRO(フォリオロボプロ)の運用実績からわかる特徴

下落に強い

他のロボアドバイザーやその他資産等の運用手段と比較するとフォリオロボプロの一番の特徴は下落に強いということじゃないでしょうか?

他の主要なロボアドバイザーでは、コロナショックなどの大きな下落局面では30%以上の大きなマイナスとなる一方、フォリオロボプロはコロナショック時、15%程度のマイナスで済んでいます。

結局コロナショック後は、株価が急回復し右肩上がりで推移したことで、株式等の資産をそのまま持っていればマイナス分を大幅に上回るパフォーマンスとなったわけですが…

リーマンショック後の日経平均株価の値動きはそうではないのです。

リーマンショック後日経平均株価

日経平均株価はリーマンショック前の高値18,000円付近から、元に戻るのになんと7年程もかかっています。

今回のコロナショックのように、暴落後必ずしもすぐに株式相場が急回復をするとは限らないのです!

というわけで長期運用をする上で大事なことは「下落局面での損失をいかに抑えるか」ということがわかると思います。

なぜフォリオロボプロは下落に強いのか等、こちらの記事に書いたのでこちらをご覧くださいね。

今から始めるならFOLIOROBOPRO 【ロボアドおすすめNo.1】今から始めるならFOLIO ROBO PRO

リバランス頻度が高い=手数料がお得

また、フォリオロボプロは市況に合わせて定期的にリバランス(資産の比率見直し)をおこなっています。以下がリバランスの履歴です。

folio robo proリバランス明細

リバランスを行うということは「利益確定・損切り」「新規購入」を適時行っているということです。

通常、自分で独自に売買する場合は取引手数料がかかりますが、この取引手数料も年率1%の「運用手数料」に含まれているため、高頻度でリバランスがされればされるほど手数料がお得になるというわけです。市況は日々変化するので高頻度でリバランスされる方がパフォーマンスも安定してくるので、「手数料面でも有利・高パフォーマンス」の一石二鳥と言えるでしょう。

※上記を見る限りフォリオロボプロのリバランス頻度は月に1回程度ですが、他社ロボアドバイザーのリバランスは半年に1回程度のようです。

パフォーマンス向上のためのおすすめの運用方法

こんなに成績がいいなら、最初から100万円くらい入金しておけば良かったと後悔もしています。

ただ、現在は日経平均株価もダウも高値圏にあって、一度にまとまった資金を入金することに抵抗があるんですよね。

正直入金した2020年10月時点でも十分高値圏にあったので「これから暴落するんじゃないか?」と不安で最低金額の「10万円」を入金したわけなんですけど、結果的に増えてよかったです。

というかどんな局面でも資産を増やしていくのがこのロボアドバイザーの売りなんですが…。

でもやはり暴落は怖いですよね。それで、

日々の騰落率を監視し続け、パフォーマンスが低下したときに少額ずつ入金すれば良いのでは!?

コイケ

と思いつきました。

株でいうところの「ナンピン買い」「押し目買い」みたいな感じです。

ただ、フォリオロボプロはあのコロナショックですら最大-15%程度の損失で済んだので、なかなか大きくマイナスになることはありません。

結局、押し目みたいな時がなくてなかなか入金できずにいます(泣)

というわけで私なりにまとめてみました。

パフォーマンス向上のための運用方法
  • 日々の騰落率を確認し、マイナスが続いた時に少額を追加入金
  • 押し目が無い時はリバランス後すぐの月初に入金
押し目がなければ、月初のリバランス後すぐに入金することをおすすめします。リバランスはAIが最新の市況に応じた最適な資産構成を判断して行われるため、リバランス後すぐに入金することで最新の市況との乖離がなく、有利に運用できるからです。

コイケ

とにかく、一括買いよりは積み立ての方がリスク分散の観点からも良いかなとは思います。ただ、下落に強いので一括買いももちろんおすすめできます。ご自身に合った金額で始めてみてくださいね!

FOLIO ROBO PRO無料登録ページ